オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 電気通信工事

アップブースター取替、分配器取替他①!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

 

以前、警報システムの誤作動で小工事にて

工事の依頼をされたお客様からふたたびご連絡が(*’ω’*)

ガス他警報システム誤作動修繕!

今回の最初の依頼は、

ネットでテレビを購入したが、自分で設置するにあたって

視力が落ちてコードをさすところなどがわからないから

設定と設置をお願いしたいとのこと(‘ω’)

 

基本的に、他のお店や量販店で購入されたものを、

支給されて工事はしないようにしてます(‘ω’)

 

、、製品の初期不良など何か後日不具合があったとしても

工事業者の責任にされるからです(; ・`д・´)

 

弊社で家電製品や設備を購入された場合は、何かあっても

保証できますし、調整など見にいったりするのは、

当たり前の義務ではあると思いますが、

 

他のお店やネットで買ったものを、こちらが後から云々

いわれても、、筋違いだと感じますしね(; ・`д・´)

 

東芝のレグザですが、前のシャープのテレビでは

映っていたといわれる、

4、6、8チャンネルが、スキャンできなかったので

いろいろ調べていくと、、

 

この壁のテレビコンセントも悪くなっていました(; ・`д・´)

 

埋込の弱電情報盤内に、分配器とブースターがありますが、

 

こちらのアップブースター、8年経過しており、

電波の弱まっている一つの要因でもあるので、

今回交換することにします(; ・`д・´)

 

そして現在6分配器がついていますが、

実質テレビを見ているところは3カ所しかないということで、

 

3分配器に交換することで、ここでも少し電波の減衰を

改善することができます(; ・`д・´)

 

とりあえず応急処置として、

 

壁のコンセントを介さずに、中継接栓を取り付けて、

直接テレビに渡り配線をし、

かろうじてテレビが映る値までは回復したので、

ブースターや分配器が注文して届くまでは、これで

しのいでもらうことに致します。

 

一本の線から地デジとBS,CSに分ける、【分波器】もまた

調子が悪いので、こちらも交換となります。

 

テレビ関係は、こうした個々の部品や、接続箇所を

減らすことで改善されることもあるということです(*’ω’*)

 

テレビブースター取替②!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

 

テレビブースター取替①!

前回、テレビのブースターと屋外分配器を取替した

お客様から、交換してすぐにまた連絡が、、(; ・`д・´)

 

2階と1階、そして別棟にまたテレビがあって、

1階のテレビの8と10チャンネルだけ映らなくなった

との連絡です(; ・`д・´)

 

こちらが一階のテレビですが、たしかに、8と10チャンネル

だけがレベルが低い、、、(; ・`д・´)

 

2階の分岐器迄は配線が変わっていて問題がないので、

2階の分岐器から1階への既設配線が悪いと考えます(‘ω’)

 

屋上階のアンテナからこの外階段を経て、

 

この2階の部屋に配線が入ってまして、

 

こちらに今、2分岐がついております(‘ω’)

 

この分岐を3分配器に交換し、一つを一階のテレビに

新たに配線をもっていくことにします(‘ω’)

 

というわけで、まず一階のテレビのすぐ後ろの窓、

この横に貫通穴を開けます(*’ω’*)

 

貫通穴をあけます(‘ω’)ノ

2階から1階は外を配線することにします(‘ω’)

 

2階の部屋内からテレビ線をだして、、

 

保温された給湯配管、これに沿わして配線しようと

思います(‘ω’)

 

配管してというより、コストを重要視されるお客様ですので

既設と同じように、軽微な工事で(‘ω’)

 

別棟にいっている既設の配線も配管などなく、

屋根の上を転がしているだけなので、、そのうち悪く

なりそうです、、(; ・`д・´)

 

さて、2階の分配器を交換している間に、

 

保温いインシュロックで固定していきます(‘ω’)

 

そして給湯器までさがってきて、、

 

1階屋内へはいります(‘ω’)

 

テレビへ接続(‘ω’)

 

レベルは90~100まで回復(‘ω’)

 

また他の既設配線が悪くなりそうな気がしますが、

とりあえず今回の不具合は改善されました(‘ω’)

テレビブースター取替①!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

 

今回はテレビのブースター取替の様子です(‘ω’)

 

数年前にアンテナを取替工事に行ったお客様から

テレビが映らないとの連絡があったので、伺った(‘ω’)

屋上はこんな感じで、、手すりや屋上に上がる階段などは

錆て朽ちているのでまあまあ危険だが、

 

数年前もそんな感じで腐食したアンテナを交換し、

建物2階まで配線を取替して

分岐器を取付たところまで機器類を取替ました(‘ω’)

 

ブースターと屋外分配器ですが、

交換して、月日が流れていくうちに表示も薄くなり

字が見えません(; ・`д・´)

ブースターからの出力が26.7デシベルしかないので、

テレビの映りが悪い原因はまず、ブースターの劣化、故障

ということで、早速交換(; ・`д・´)

 

 

ということは数年前同じ時期に取付した分配器も傷んで

るので、この機に交換(; ・`д・´)

 

屋外のブースターと分配器、

 

そして屋内のブースター電源部を取替(*’ω’*)

 

一階と2階のテレビ、ともにレベルは80~80を

キープするようになり、改善されました(*’ω’*)

 

 

ブルーレイレコーダー増設、後付HDD増設②!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

自宅の、レコーダーの調子が悪いため、増設をこころみる

続きの回であります(; ・`д・´)

ブルーレイレコーダー増設、後付HDD増設①!

 

前回は、古いのと新しいレコーダーを結ぶような形での

増設を試みるも、リモコンが混同してしまい、

あっけなく失敗に終わってしまいましたので、

 

今回は壁の中のケーブルを増やして、新しいレコーダーと

テレビとをきっちり有線で結んで設定までいきたいと

思います(‘ω’)

 

まずはテレビ台の上のおもちゃを片付け、

 

テレビ台の奥にかくれている埋込のボックスを出します(‘ω’)

 

、、やはりちょっとしか隙間開けてなかったけど、

どうしてもおもちゃとか本、、落ちてるよね、、(; ・`д・´)

 

 

 

まずは壁掛けのテレビを外します(; ・`д・´)

一人作業、、結構きついです(; ・`д・´)w

 

この埋込のボックス内が上下にあり、

その間が現在5Cテレビ線とHDMIケーブルが一本行き来

しております(‘ω’)

 

HDMIケーブルをもう一本増やしたいと思います(‘ω’)

 

まずは掃除(‘ω’)w

こんな時でないと長年溜まった埃は掃除できない(; ・`д・´)

 

テレビと壁との隙間が少なくて、見た目はいいけど、

掃除ができないというメリットがある(; ・`д・´)

 

さてこのケーブルを追加するだけなのですが、

なにせ、そんなの2個も入れる設計ではなかったので、

PF28くらいしか壁の中には配管しておらず、

いま2本ケーブルが通っているのに、この頭の大きな

ケーブルがもう一本後からはいるのか、、Σ( ゚Д゚)(;^ω^)?

 

下の配線器具をばらし、、

 

テレビに隠れていた上のボックスも配線器具を外して、

 

予備線(スチール)を入れる(‘ω’)

スチールが通ったということは、

八割がたケーブルも通せるということである(; ・`д・´)

 

なんとかケーブルの追加に成功(; ・`д・´)

 

配線器具を収めて、テレビ台をもとに

もどす準備を進めます(*’ω’*)

 

テレビを壁付け金具に引掛ける前に

一人で、ケーブルをテレビの裏側に接続しないといけない為、

 

こうして壁にケーブルを仮止めしておく(; ・`д・´)w

 

壁付け完了( `ー´)ノ

 

指二本分くらいの隙間しかないから、

後からケーブル類の接続は至難の業(; ・`д・´)

 

テレビの固定は、下からめっちゃ長いドライバーにて

頑張る(; ・`д・´)

 

 

ケーブル類を接続、確認(*’ω’*)

 

テレビ台をもどしつつ、それぞれのレコーダーに

ケーブル類を接続していく(‘ω’)ノ

 

はい、右が古いレコーダー(‘ω’)

左が、新しいレコーダーと外付けHDD(‘ω’)

 

テレビ台の中にきれいに仕舞いできました(*’ω’*)

やはり職人としては仕上がりを綺麗にしたい(‘Д’)

 

 

設定関係を終わらせる(‘ω’)

 

テレビ入力1 は新しいレコーダー

 

これから新しい番組はこちらのレコーダーのHDDに

録画していくようにする(‘ω’)

 

そしてテレビ入力2は 古いレコーダー(‘ω’)

 

このレコーダーには新たに録画しないようにするが、

いままで録画してきた子供達がみたいアニメや映画などが

パンパンに保存されているので、

こちらを見たい時には古いレコーダーを選択する(‘ω’)

 

とりあえずレコーダー1 に録画した番組は、

あとで外付けハードディスクに移動できるし、

その逆も可能(‘ω’)

 

それはレコーダーと外付けHDDを接続しているからである(‘ω’)

 

画質を最低に落とせば、

レコーダーには531時間分、

外付けHDDには4348時間分録画できる(; ・`д・´)

 

これだけ容量があって、

保存先が2つもあれば、

 

数年は何もせずに暮らせそうだ(*’ω’*)

 

 

 

、、私はYouTubeしかみないので、気持ちはあまり

わからないが、

 

録画したいけど容量がないから、、

また見たいと思ってた過去のHDDの内容を消していかないと

いけないもどかしさ、、

 

そんなときは、今回の工事のように

増設してレコーダーや外付けHDDを増やす

参考になればと思います(*’ω’*)

アンテナ線中継接栓修繕!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

先日、テレビが映らないと依頼があり、分配器を取替して

様子を見ていましたが、

テレビ分配器取替他調査!①

その後、雨が降りやはり再びテレビが映らなくなったため

再び出直しです(; ・`д・´)

 

天井裏から屋根上のアンテナまで、、この区間で悪いという

ことで、

とりあえず屋根に登ってみます(‘◇’)ゞ

アンテナ自体は数年前に取替されていて、綺麗で、

支線もステンレスの新しいものになっていたので、

 

アンテナの方向が悪いとはあまり思えないので、

ブースターや分配器をみてみます(‘◇’)ゞ

 

じつは、この戸建ては、2軒連なっていて、

賃貸物件なのですが、アンテナは一個でそれぞれに分岐して

いました(; ・`д・´)

 

なので、アンテナにブースターが有り、その下に、屋外用

分配器がついて、2軒に電波を送っていました(‘ω’)

 

ブースターの屋内側の電源部は、以前の天井裏にはなく、

もうひとつの棟のほうに、あるのかなといった感じです、、。

 

もう一軒の部屋にはいつも留守で入れない為、

天井裏を調べることができていませんが、

 

そちらのほうはアンテナの不具合を全然指摘してこない

そうです(; ・`д・´)

 

なので、テレビが映らないという棟のほうの天井裏に入って

いくアンテナ線を辿っていくと、、

 

中継接栓で、接続している箇所がありました!

 

中継接栓を外すと、接線自体は綺麗で、不具合はなさそう

だったのですが、

自己融着テープが巻いてあって、ビニルテープが巻いて

おらず、、

 

おそらく紫外線で劣化して溶けて外装がなくなり、

中身の融着テープが外部にさらされている状態でした(; ・`д・´)

 

自己融着テープは防水性があり、水気はシャットアウト

するのですが、

 

それ自体は電気を通すために、

融着テープ自体が濡れて湿気ると、内部の接続部の

金属に水分が伝わり、漏電する現象が起きます(; ・`д・´)

 

たぶん、雨の日はテレビがうつらず、晴れたら映るというのは、

この部分が晴れて乾いたら、また復活していたのかと

思われます(; ・`д・´)

 

念のため、中継接栓は新品に交換し、

両端の接栓も新品に交換します(‘ω’)

 

念のため、アンテナの方向を確認したところ、

微妙に方向がずれていたので、手直ししておきます(‘ω’)

 

方向が完璧になったところで、

先ほどの中継接栓の部分をやり替えます(‘ω’)

 

接続完了後、融着テープとビニルテープをこんもり巻いて

保護します(‘ω’)

 

電線が引っ張られないように支持して、完了(‘ω’)ノ

 

反対側をみてみると、

 

 

アンテナ線の外装がずるむけてサンマの三枚おろしのように

なっていました(; ・`д・´)

 

これで、電波わるくならずに不具合なく映っているのも

不思議ですが、、

 

とりあえず、こちらの棟のほうはなにも指摘がないので、、

そのままにしておりますが、

本当はアンテナ線を交換するのをお勧めします(; ・`д・´)

 

テレビ分配器取替他調査!①

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

テレビというのは急に映らなくなったりします、、(; ・`д・´)

原因がわかりづらいので厄介なもんです(; ・`д・´)

 

とある戸建てのテレビの映りが悪いということで調査にきて

います(; ・`д・´)

 

二階の廊下に点検口があり、天井裏にのぼると、、

分配器がありました(*’ω’*)

 

【松下電工(ナショナル)】というロゴがみえるので、

相当古いです(; ・`д・´)

2008年にパナソニックに社名変更する前の名前なので

 

とりあえず、この分配器と、5C線に接栓もきちんとつけて

少しずつ損失を回復差せればと思います(; ・`д・´)

 

8Kまで対応の地デジ対応の分配器に交換(‘ω’)ノ

 

屋根のアンテナからの電波が、まあまあいいのに、、

雨の日の次の日は映像が映らないときが

過去何回かあったりしては、また映るようになったりも

するという症状である(; ・`д・´)

 

とりあえず、今回は、電波が良好なのを確認できたので、

屋根の上に登らずに、様子をみてもらうことに、、

下から見た感じでは、アンテナ自体は4,5年前に交換した

ようで、新しいから、わざわざ登らないのである(; ・`д・´)

 

アンテナが新品なら、ブースターも交換してあろうで、、

今回は天井内にある分配器交換で様子をみてみます、、(; ・`д・´)

 

 

八木式UHFアンテナ取替!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

屋根の上などでよく見る、魚の骨のような形をした

テレビのアンテナ(‘ω’)。。

実は、これ名前があり、、【八木式アンテナ】と

言われています(‘ω’)

しかしながら、このアンテナを発明したのは、

【八木秀次】と【宇田新太郎】の二人であり、

八木・宇田アンテナとも呼ばれます(‘ω’)ノ

 

、、でも一般的には宇田様は省略され、、【八木式】のほうが

広く浸透しちゃっております、、。

さて、そんな雑学は置いといて、

一戸建ての納屋に建っている、アンテナ、

今回はこちらを取替していきます(‘ω’)

屋根に登るまえに、アンテナを組立て、支柱も取付して

セッティングしておきます(‘ω’)

 

古いアンテナは14素子でしょうか?少し小さく

あまり広く電波を受信できていないような気がします(‘ω’)ノ

 

今回は20素子のアンテナに取替(‘ω’)ノ

 

ブースターと屋外分配器も古くてサビサビ、、(; ・`д・´)

こちらも交換していきます(; ・`д・´)

 

屋根のケラバに支線が引っ張って固定されるのが

一般的ですが、

今回は、この支線釘と視線も交換します(*’ω’*)

 

昭和の時代の支線は、スチール製なので、錆て断線する

恐れがあるので、

弊社は強固なステンレス製の釘にワイヤーがついたものと

ステンレス製の支線を張ります(*’ω’*)

 

釘も新たに腐っていないしっかりした木材部分に打ち込み、

準備します(*’ω’*)

 

支線を4箇所切断すると、アンテナなんてすぐ倒れて

しまいます(; ・`д・´)

 

逆に、支線を4方向に張るだけで、台風でも倒れず、

何十年とそびえたっているのです(; ・`д・´)

 

新しいアンテナと支柱を建てます(‘ω’)

予め、支線を4方向にセットしているものを

建てたあとに、伸ばして固定していきます(‘◇’)ゞ

 

 

2方向でも仮に固定できれば、あと微調整は一人でも

出来るのですが、

風の強い日などもあれば危険ですし、どうしても二人で

作業しないと建柱できないため、

 

見ていたら簡単にみえるのですが、工事費はそれなりに

かかってしまうのは二人必要だからです( ;∀;)

 

アンテナ線の損傷を一か所発見したので、

ここは接続可能な部分までを新しいテレビ線に交換して

中継接栓にて接続したいと思います(*’ω’*)

 

レベルチェッカーで数値を確認しながら、

アンテナの方向を決めます(*’ω’*)

 

支線を頑丈に固定します(*’ω’*)

ブースター、分配器から配線を新しくのばします、、。

 

先ほど発見した損傷部分は、接続しなおして、

修繕完了(‘◇’)ゞ

 

屋内のテレビのチャンネル設定なども終えて、

無事にきれいなテレビ映像が復活しました(*’ω’*)

 

難視聴地域の共聴用アンテナブースター調査!

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

梅雨から夏の間、田舎では、夕立や急な雷雨が頻繁に発生します(; ・`д・´)

さっきまで晴れてたのに、

急に突風が吹いてきて、瞬く間に空が真っ暗になり、

集中豪雨が襲う、、なんてことは日常茶飯事であります(; ・`д・´)

急激に発達した積乱雲からは、落雷もしばしば((+_+))

 

先日も大規模な落雷被害が市内で数十カ所確認されており、

外灯の不具合で修繕におわれました(; ・`д・´)

 

その中で、こちらのお宅は

テレビが映らなくなったとのことで、現地に伺ってます(‘ω’)

 

このあたりは山裾の難視聴地域とよばれるところで、

個別でアンテナを屋根にあげても電波が弱い為テレビが映りません、、。

 

そこで、その地域に一本大きな共同アンテナを設置し、各家庭に

電波を分けるという方法がとられます(‘ω’)

 

マンションなどその建物で個数が何十、何百戸とあるのに、

その一戸一戸、アンテナを個別で設置してたら、屋上がアンテナ

だらけになってしまうので、

共同アンテナを設置し、各戸へ分配して送るわけです(‘ω’)ノ

 

こちらが、こちらのお宅の共聴用ブースターや分配器などが

まとまっている部分ですが、

 

共聴用ブースターが雷でやられている感じでした(; ・`д・´)

普通の個別地デジアンテナ用の増幅ブースター、をかりに

つないでみると、

地デジは電波が復活しましたが、

BSの電波がこない、、、(; ・`д・´)

 

とりあえず、ブースターを介さず、

8分配してあるうちの、

一つだけリビングのテレビを映すようにしてもらう(; ・`д・´)

直接一か所だけつなぐと、電波を分配していないので、

なんとか地デジもBSも映る様子(; ・`д・´)

 

 

共聴用のブースターを注文し、

納品までは、とりあえず一か所だけテレビが見れる状態で

我慢してもらうことになりました(; ・`д・´)

 

テレビが無いと、停電して真っ暗闇で過ごすのと

同じくらい寂しくて不安になりますよね(; ・`д・´)

 

 

 

モニター&ワイヤレスHD防犯カメラ設置②

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

前回で、防犯カメラの位置や角度がだいたい決まった

ところで、カメラへのAC電源の配線をしていきます(‘ω’)ノ

モニター&ワイヤレスHD防犯カメラ設置①

 

玄関前のカメラ電源へは、取り合いの門構えのうしろに

テレビのブースター電源があったので

そちらから電源をとりだすことにします(‘ω’)

できるだけ、人目につかない端のほうをPFD管で配管、

配線していきます(‘ω’)

なにより、この取り合い、、

造った大工さんがすごいなと思います(; ・`д・´)

カメラを取付し、

コンセントは、庇の奥のほうへ設置します(; ・`д・´)

 

吹き降りの雨の影響を受けないようにするためですね(‘ω’)

 

配線をまとめて、カメラ側は完了(‘ω’)ノ

 

 

さて、電源の取出しです(‘ω’)

電源の取出し完了(‘ω’)ノ

 

続いては、駐車場側の2台目のカメラのほうです(‘ω’)

 

この波板で増設された中に電源のジョイントがあったので、

VAをステップルでたたいていきます(‘ω’)

コンコンと配線していき、

 

 

庇に出たところで、露出コンセントをつけたいと思います(‘ω’)

 

念のため、雨水がつたってきたら怖いので、

 

コーキングで処理(‘ω’)

 

2台目カメラ設置(‘ω’)

 

ジョイント部から電源の取出しが完了し、

 

2台目のカメラも完了です(‘ω’)ノ

 

 

リビングに前回増設したコンセントがあるので、

モニターはこちらから電源をとり、

映像を確認できます(‘ω’)

 

 

チャイムしかなかったご自宅に、

カラードアホンと、防犯カメラのセットで

防犯効果がグッと押しあがったように思えます(‘ω’)!

モニター&ワイヤレスHD防犯カメラ設置①

はい、みなさまこんにちは( ゚Д゚)!

ドアホンの設置時に、防犯カメラのモニター電源も兼ねて

配線などを行ったお客様の施工の続きになります(‘ω’)ノ

ドアホン新設、防犯カメラ設置、天井裏いんぺい配線!②

 

防犯カメラのセットの納品が遅れた為に、

ドアホンの配線工事からだいぶ間が空きましたが、

 

納品時にまずモニターと各カメラの設定として

ペアリングをしておきます(‘ω’)ノ

 

現場で設定関係していると30分から1時間ほど

時間がもったいないので、倉庫にておわらせておきます(‘ω’)ノ

現場に到着すると、

まずは、カメラをどの位置に取付するかをお客様と

再確認します(‘ω’)ノ

 

見積時とはまた考えが変わっているかもしれませんので、

モニターの映りを確認しながら、

 

実際映像を見てもらって、設置箇所からの角度や方向を

決めてもらいます(‘ω’)ノ

今回はカメラが2台ですので、

その2台で、どのあたりを映したいのかをヒアリングし、

 

場所を決めます(*’ω’*)

これには10分~30分や時間がかかろうとも、

重要なことなので、あとで変更されることを考えると、

最初に確認しておくべきでしょう(‘ω’)ノ

1台目は、実家で暮らされている老夫婦様宅の玄関口と

若夫婦の自宅玄関の入り口、

両方へのアクセスされる登り口が映る場所に決定(‘ω’)ノ

 

まず、正面玄関から怪しい人物が出入りしていないかどうかを

見る為には必要です(; ・`д・´)

 

そしてもう一台は、家の横に駐車場がありまして、

車関係がきになるので、

カーポート周辺が見える場所にカメラを据えたいところ(*’ω’*)

 

家の横に、物置があり、そこには防犯カメラやセンサーライトが

後で取付させていただきましたが、

 

やはりこれらは威嚇する為だけのものであり、

実際犯行にうつされても、気づかないのと、

証拠も押さえられない為、

 

映像で見て、記録を残せる防犯カメラの設置を依頼

してくださいました(*’ω’*)

 

この庇(ひさし)から、

こんな感じで、弊社のハイエースあたりにカメラをむけると

お客様の大事なマークXなど広範囲にみえるので、

この位置で2台目のカメラも設置箇所が確定です(‘ω’)ノ